1. HOME
  2. スタッフブログ

スタッフブログ STAFFBLOG

スタッフブログ記事一覧

エレキギターのネックポケットについて

先日、Youtube動画を何気なく見てたら高いギターと安いギターのボディの違いとやらの解説動画がありまして、その中で気になった部分1点抜粋して書きます。

ボルトオンネックタイプのギターのネックポケットの隙間についてです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おそらくどこか大手の楽器屋さんの一般論かと思いますが、「高いギターは加工精度が良いのでネックポケットに1枚の紙も入る隙間なくボディとネックがきっちりセットされていて、安いギターは隙間が云々…」といった事を述べておられました。

しかし、ネックとボディをきっちり(いわゆるゼロポケット)隙間なく接合してしまうと、経年によって塗装割れしたり、メンテナンスでネックを外す際にも割れたりする場合があって「技術屋泣かせ」となりますので、ハイエンド系ギターでもネックはカチッとはハマるけれどボディ側のポケットは経年変化やメンテナンス性考慮してガチガチにしてなかったり、安いギターでも意外とカッチリしてるエントリーモデルもあります。

隙間がダメ!というならばいっその事セットネックにしてしまえば良いんですけどネ。

ちなみに昔のフェンダーのラインナップにはガバガバの物も少なくないですし、このへんの加工精度を上げてる最近のストラトでも「シム」というものが挿んであったりしますのでネックとボディの隙間云々で値段が高い安いは関係ないですネ。

また、ネックポケットがガバガバ=音や響きが悪いという事も当てはまらないので、さんざん周りからそういう事を叩き込まれた人は一度先入観を捨ててできるだけ多くのギターを触らせてもらってください。個人的には隙間合った方がパンチが欲しい時にガツンと鳴ってくれる印象ですけど。

最後にそのYoutube動画でもう一つ気になった点…ダラダラ長い(退屈)…でした。新説でも出てくるかと期待したんですけどネ。

 

友だち追加 ← 友だち追加もポチッとよろしくお願いします。割引クーポンGET出来ます。

 

オタマトーンNEO入荷しました!

近頃は例のウイルスが流行してるおかげで、難波界隈や黒門市場はお買い物客が減り、大手デパートでは店員さんのマスク姿が定着しつつあります。

早いとここの状況が収束してほしいものです、と願いつつ今回はオタマトーンNEO入荷のお知らせです。

普通のオタマトーンのサウンドはもう既にご存知かと思いますが、音色は「ビー」っていう電子音のみで低音、中音、高音の切替と音の大きさを2パターン切り替えられるのみで綺麗な音は出ません。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、NEOは付属のOTM Link とスマホをつないで公式アプリ「オタマトーン スタジオ」を使えばギターやアルトサックス、打楽器などの音色が選べ、スケール(音階)の設定も出来てドラムのビート鳴らしながらアドリブセッションして遊べたりします。但し、基本的な音色や音階やドラムのビートは無課金でも使えますが、バイオリン、フルート、鍵盤楽器なんかの音色やエフェクトなどを使おうとすると課金が必要になります。

とはいうものの楽器未経験者でもここまで手軽に自由に楽しめる楽器ってなかなかないですネ。

使いようによってはお子様の音感鍛える道具にもなり得ると思いますし、音楽コラボアプリで遊んでみるのも面白いかなと思います。

ちなみにお値段は¥3,600(税抜)となります。

進化したオタマトーンがこのお値段はお買得だと思います。遊べる楽器をお探しのスマホ(AndoroidもしくはiPHONE)持ちの方は是非ご検討ください。

 

 

友だち追加 ← 友だち追加もポチッとよろしくお願いします。割引クーポンGET出来ます。

ちょいと「(;´д`)トホホ」なギターの紹介!

先日買取したギターにちょいと「(;´д`)トホホ」なギターがありましたので今回はそれをネタにします。

YAMAHA(ヤマハ)のエレクトリックアコースティックギター、FPX-300(中古)です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シダー単板TOP、ローズSIDE&BACKボディにナトーネック仕様で、エレクトリック部分はマイクとピエゾのバランス調整、3バンドEQ付のMIDレンジの周波数変更可能なタイプです。

演奏面におけるコンディションは全然OKなのです。

では何が「(;´д`)トホホ」かと言いますと、まずその外観…ネック幅も広く糸巻き部分やブリッジ見てもクラシックギターの仕様に見えますが実はググってみるとスチール弦仕様という紛らわしさ。

ちなみにクラシックギターのほうの型番はFPX-300Nとなり、糸巻き部分が見た目に異なります。他の違いはよく知りません。

何の疑いもなくナイロン弦張ってしまい、そのまま使えてしまうのでクラシックギターだと勘違い…という方も少なくないと思います。何を隠そう私もナイロン弦張ってしまった一人ですので。サウンド的にはナイロン弦張ると特に1~3弦の響きが芳しくなく、素直にスチール弦張って使ったほうが気持ちよく鳴ってくれます。

但しスチール弦張るにも注意が要ります。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

上記画像のようにブリッジ穴に弦を通して張るタイプでこれはこれでとても便利なのですが、弦のブランドや種類によっては6弦のボールエンド側の厚めのワインディング部分が引っかかってきっちり張れないものもあり、買った弦が張れなくて泣きを見る可能性があります。幸いマーチンの54ゲージあたりは入りましたが、なるべくマーチン弦あたりかヤマハ純正の弦を張るほうが良いでしょうネ。

あと、このクラシックギタースタイルのペグですが一般のアコギのペグと比べると弦を巻くのにちょっと手間かかり、3弦と4弦はターン数かなり少なめにしないとヘッド表面内側に干渉しがちになります。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

わずか3年という短命に終わったのも頷けるかなと思いました。

ちなみにお値段はソフトケース付で¥11,800(税抜)となります。

まぁ一般的にアコギでこの仕様は扱いづらいですが、音は悪くないのでクラシックギター感覚で弾けるエレクトリックタイプのアコギをお探しの方はご検討いただければと思います。

友だち追加 ← 友だち追加もポチッとよろしくお願いします。割引クーポンGET出来ます。

 

※追記:この商品は売却済です。

LANAIソプラノウクレレ「UK-310」(未使用品)の紹介!

LANAI(ラナイ)というブランドのソプラノウクレレ「UK-310」の紹介です。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LANAI(ラナイ)は国産にこだわった日本のウクレレブランドですが、価格は比較的リーズナブルでコスパの良さに定評があります。

このUK-310のボディ材は貴重なハワイアンコアの合板仕様で鳴りが非常に良好で、これで定価が3.1万円とはオドロキです。

音はカラッとした中にも角がうまく丸められた温かみのある音で倍音の付きもよい感じとでも言いましょうか…この程度の説明が精いっぱいですのでこの辺は百聞は一見にしかず、一度試奏して体感いただくのがベストかと思います。

ペグはゴトー製のギアペグですがこれがまたチューニングしやすく、非常に安定感あり、演奏時の安心感につながりますネ。

鳴り、ピッチの安定感が良いのでレッスン用としてだけでなく人前での演奏用としてもおススメです。

価格等、その他詳細については以下のURLよりデジマートのサイトにてご確認ください。

https://www.digimart.net/cat04/shop2620/DS05857498/

もともとコスパ良いウクレレですが、これといった傷はないのでさらにお買い得感あると思います。

人前での演奏に使えるリーズナブルなウクレレをお探しの方はぜひご検討ください。

 

友だち追加 ← 友だち追加もポチッとよろしくお願いします。割引クーポンGET出来ます。

 

Paul Reed SmithのStandard 22 VM(未使用品)の紹介!

前回に引き続き店頭展示品のチョイキズ未使用ギターの紹介です。

Paul Reed SmithのStandard 22 VMというマホガニーボディ&ネック艶消し塗装仕上げのソリッドギターです。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダブルカッタウェイのアーチドトップボディにバードインレイ入りの指板というPRSの標準的な外観ですが、ヴィンテージマホガニーという濃い色合いのおかげでかなり渋めに見えます。

サウンドは全体的にマイルド且つ中域に粘り気のあるサウンドで抜けも良く、サスティーンも予想してた以上に気持ちよく伸びてくれます。メイプルTOPのカスタムモデルほどではないかもしれませんがレスポールの標準モデルほどの鈍くささはないのでそこそこ汎用的に使えると思います。

トレモロユニットはシンクロナイズドぽい自社製の物が採用されていますが、ブリッジが水平の状態でフローティング状態になるように設計されているので、普通のシンクロナイズドトレモロよりも調整しやすいのではないかなと思います。またサスティーンの良さにも一躍買ってそうです。

ペグはロック式の物が採用されているためチューニングの安定性も良好で、トレモロユニットとセットで音質的にもとても合理的な仕様ですネ。

ただ、ピックアップのセレクトがダイヤル式でPRS特有の位置に配置されていますので、ここの操作性となると好みがわかれるでしょうね。そんなに頻繁に切り替えなければ問題ないとは思いますが。

価格などその他商品詳細については以下のURLよりデジマートのサイトにてご確認ください。

https://www.digimart.net/cat01/shop2620/DS05926403/

マホガニー系のウォームなサウンドでジャンル気にせず幅広く使えるギターをお探しの方は是非ご検討ください。

 

友だち追加 ← 友だち追加もポチッとよろしくお願いします。割引クーポンGET出来ます。

 

※追記:この商品は売却済です。

ページトップ