1. HOME
  2. スタッフブログ
  3. 商品の紹介
  4. アンプ・スピーカー・エフェクター等

スタッフブログ STAFFBLOG

アンプ・スピーカー・エフェクター等記事一覧

BOSSの中古ミニギターアンプ、刀(KATANA)MINIの紹介!

久々のギターアンプの紹介です。

BOSSの刀シリーズのコンパクトギターアンプ、KATANA-MINI(中古)が入荷しました。

めちゃくちゃ軽くてコンパクトながらBOSSの看板を裏切らない芯のあるハイクオリティーなサウンドを実現しています。

音色はフェンダー系ぽいクリーン、ブルースドライバーBD2ぽいクランチ、ブリティッシュなハイゲインの3種類のサウンドが選択可能で、EQはBASS、MIDDLE、TREBLEの3バンド仕様、搭載されているディレイはテープエコータイプとなっています。

電池駆動(単3電池6本)が可能なのでちょっとした余興にも便利かと思います。

但し、自宅練習用でこれをメインで使うならば、別売のACアダプター(ROLAND PSB-100)も揃えといた方が良いでしょうネ。

店頭価格は取説のみ付属で¥8,800(税込)です。

よろしくご検討ください。

FENDERの小型チューブアンプ、SUPER CHAMP XD(中古)の紹介!

FENDERの15W小型チューブアンプ、SUPER CHAMP XD(中古)入荷のお知らせです。

1982年から3年間製作されたSUPER CHAMPを元にあれやこれやと追加・変更されたモデルです。

XDはクリーンチャンネルとドライブチャンネルの2チャンネル仕様になっとりますが、クリーンサウンドはやっぱフェンダーのチューブアンプらしくてなかなか良いです。

また、16種類の空間系エフェクトとアンプタイプが選べるようになってたりしますが、ドライブチャンネルのアンプタイプがクランチからハイゲインまで16種類って・・・頑張り過ぎです(-_-;)

個人的にはクランチサウンドは良いなと思ったりしましたが、モダンハイゲインぽいのはちょいと音が細いかなぁという印象で好みは分かれると思います。

ただ、新品時のお値段もお手頃ですしこの真空管アンプならではのクリーンサウンドだけでも十分買う価値はあると思います。このアンプの歪みが気に入らなければお気に入りの歪み系ペダル使えば良いわけですし。

ちなみ店頭価格は¥33,000(税込)となります。

よろしくご検討ください。

NUXのヘッドフォンアンプGP-1入荷のお知らせ!

高コスパなアンプやエフェクター作りで定評のあるNUXのヘッドフォンアンプ、GP-1入荷しました。

この分野ではVOXのAMPLUGシリーズがポピュラーではありますけど、NUXのGP-1の方がお値段的にもリーズナブルなんです。

尚且つアルカリ電池での駆動時間がVOXのAMPLUGと比べて3倍以上持つ仕様となっています。

ただ、AMPLUGのほうが有名どころのアンプサウンドをシミュレートしているのでサウンドのイメージが湧きやすいですよネ。

まだ個人的にGP-1は試した事ないですが、YOUTUBEでアップされている動画見る限り、ドライブサウンドはなんとなくマーシャル系なのかなと思います。BLACKSTARのFLY3の音に近い気がします。

ちなみに現在はこのGP-1にARIAのヘッドフォン(AHP-1000)が付属してお値段が¥3,300(税込)とかなりお買い得です。

      

 

家族が寝静まった後のご自宅での練習だけでなく、ステージ前のウォーミングアップや外泊先でのお供にも重宝するはずです。

よろしくご検討ください。

まだまだ使えます!BOSSの往年のマルチエフェクター!ME-8(中古品)!

BOSSの中古マルチエフェクター「ME-8」の紹介です!

これは1995年に発売されたかなーり古いマルチエフェクターです。

 

今でも現役で使えると断言できる所以はやはり歪み系のエフェクトがBOSSご自慢のアナログ回路であるという事に尽きると思います。

SDシリーズのマイルドなオーバードライブから人気のブルースドライバー、ターボオーバードライブ、オーソドックスなディストーション、メタルゾーンといったエフェクターがこれ1台で体感、使い分け出来るというのはありがたいですネ。個人的にはターボオーバードライブがとても懐かしくてツボです。あと、歪み系用のセンド・リターン端子がついているのでここにお気に入りのオーバードライブ/ディストーションを繋げたりも出来ます。

ただ、ちゃんと検証してませんがエフェクトを通さない「バイパスモード」だと、古い機種なので当時のBOSSのエフェクターによくあったような音瘦せはコレにもあるかもしれません。

エクスプレッションペダルはないのですが、一応ワウ機能も付いておりパネル右端のCTLスイッチでワウの効き具合をコントロール出来るようになってたりします。

昔はBOSSのMEシリーズなんて「どーせ廉価モデルだし…」と思い全く眼中になかったのですが、改めて掘り起こしてみるとなかなかの優れものだったんだなと実感します。

この商品の価格等、詳細については以下のURLよりデジマートのサイトにてご確認ください。

https://www.digimart.net/cat13/shop2620/DS07662169/

タイムリーについ最近、このBOSSのME-8の紹介やってる動画がYOUTUBEに挙げられてましたので、BOSSのサウンドが好きな方は参考までにご覧いただき、よろしくご検討いただければと思います。

 

 

 

島村楽器ブランドのギターアンプ?

島村楽器ブランドのギターアンプが存在する事をご存知の方ってどれだけいらっしゃるでしょうか?

LOUIS(ルイス)っていうブランド名なのですが、個人的にはつい最近までLGA-15というアンプの買取査定するまでそんなブランド名は全く聞いたことがなかったです。

 

楽器店がギターブランドを持つという事はよくありますが、まさかアンプにまで手を伸ばしていたとはオドロキです。

上記画像はLGA-15というアンプですがサイズ感、重量感からして今更感のある古いモデルです。エントリーモデルにありがちな安っぽい音ではないのですが…。最新型はLGA-15Sになりますがコンパクトにはなっているものの同価格帯のアンプと比べても機能面、価格面で特筆すべき点はなくごく普通のアンプぽいです。その他のバリエーションにLGA-15DIGIというものもあり、そちらはモデリング機能やBLUETOOTH機能が搭載されているものの、他社との周回遅れ感は否めず、2.5万円はなんとなく割高感を感じます。せめてそのモデリングがLINE6など有名所のモデリング機能が搭載されていれば話は別ですけどネ。

あとはNUXやPositive Gridといったブランドのようなスマホアプリ連動型のデジタルアンプか、もしくはとことんハンドワイアードにこだわった超アナログタイプのアンプじゃないと新規のブランドはやはり厳しいのではないかなと思います。

ちなみに今回入荷したLOUISのLGA-15(中古)の店頭価格は¥3,300となります。

見た目が気に入ったという方は是非ご検討ください!

ページトップ