1. HOME
  2. スタッフブログ
  3. アンプ・スピーカー・エフェクター等
  4. ROLANDのベースアンプ「CUBE-100 BASS」(中古)の紹介!

スタッフブログ STAFFBLOG

ROLANDのベースアンプ「CUBE-100 BASS」(中古)の紹介!

ROLANDの中古100wベースアンプ、「CUBE-100 BASS」の紹介です。


 

 

 

 

 

 

 

外観は出力は100Wという事ですがその割にサイズはコンパクトな印象です。

音作りのメインとなってくるのはローランドご自慢のCOSMモデリングと4バンドイコライザーかなと思いますが、COSMモデリングではアップライトベースにも対応した”SUPER FLAT”というオリジナルアンプモデル以外に、7種類のリアルなアンプモデルが搭載されています。

その7種類のアンプモデルの内訳はと言いますと、

「FLIP TOP」= AMPEG B-15(1×15′)、「B MAN」= FENDER BASSMAN(4×12′)、「T.E」= TraceElliot AH600SMX+1048(4×10′)+1518(1×15′)、「BASS 360」= ACOUSTIC 360(1×18′)、「SESSION」= SWR SM-400 Goliath(4×10′)+BigBen(1×18′)、「CONCERT 810」= AMPEG SVT +810T(8×10)、「OCTAVE BASS」= オリジナルモデル、といった内容になります。

それらのモデリングにコンプレッサーや空間系エフェクトで味付けしてあげると、より多彩であらゆる音楽スタイルに適した、オイシイ音作りが出来ると思います。

外部出力端子はLINE OUTや外部スピーカーアウト、チューナーアウトの他に、PAミキサー接続に対応したバランス・アウトという端子も搭載されており、DI出力とLINE出力が選べます。

用途としては、自宅での練習&レコーディングからスタジオやライブ会場といった現場など多方面で使えて重宝すると思います。

価格等、その他商品詳細については以下のURLよりデジマートのサイトにてご確認下さい。

https://www.digimart.net/cat12/shop2620/DS05289023/

ホームページの「お問い合わせ」からもお待ちしております。

 

友だち追加  ←友だち追加もついでにポチッとよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップ