1. HOME
  2. スタッフブログ
  3. 楽器のお話
  4. 2009年製!YAMAHA 中古エレクトーンELS-01U商品化!

スタッフブログ STAFFBLOG

2009年製!YAMAHA 中古エレクトーンELS-01U商品化!

最近、2009年製のエレクトーン、ヤマハステージアTYPE U(ELS-01U)が入ってきました。

これも例に漏れず商品化の際は鍵盤下のパーツは交換してあります。

ただ、ELS-01シリーズは2010年6月製造以前の個体の場合、冬の寒さ(気温0度以下)にさらされると、電源入れた際に「サーッ」というノイズが発生する事多いので、それの対策をする一手間が加わります。ちょっと前まで1部の基板交換で済みましたが、現在はその基板が供給終了となってしまった為、小さいコンデンサーをハンダ使って低温対策済みの物と交換する事になります。ちなみに、2016年9月までは無償修理が可能な案件でした。

まず、上部鍵盤ユニットとスピーカーユニットの間に入ってるデジタルメインボードを外します。

↓蓋開けると中身はこんな感じ。

↓赤丸で囲った基板を取り外します。

↓赤丸で囲ったコンデンサーがノイズ発生の元凶なのでこいつを交換するのです。が、両面基板のハンダ付け外しはなかなか慣れないもんです(´;ω;`)

下の画像がコンデンサー交換後の基板です。これをまたボード本体(デジタルメインボード)に戻して作業は完了となります。

ELS-01タイプUシリーズでこのノイズ対策がメーカーで行われたのは2010年7月生産途中との事ですので、それ以前のタイプUシリーズとスマートメディアがある古いタイプを入手する場合は、きちんとその辺が対策済みかどうか確認いただく事をオススメします。

これでメンテンナンスは一通り終わりましたのであとは値付けを待つのみです。

ご興味ある方はご検討の上お問い合わせください。あらかじめお代をいただければグレードアップ、またバイタライズしてお渡しも可能です。

ページトップ