1. HOME
  2. スタッフブログ
  3. その他の話題

スタッフブログ STAFFBLOG

その他の話題記事一覧

エフェクター用ACアダプター!使用上の注意点!

ギターやベース用エフェクターのACアダプターについて気づいた事を書きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

9vACアダプター対応のコンパクトエフェクターはほとんど200mA以下で、9VのACアダプターは200mAの物が良く出回っています。ACアダプター繋ぐ際、一般的に「エフェクターの消費電流<=ACアダプターの出力電流」であれば問題ないとされています。

しかし、ACアダプター側の出力電流が例えば2000mAと過大な場合、エフェクターによってはノイズが増えたり、歪みが飽和状態でダーティーなディストーションサウンドになったり…というのはまだ良い方で、正常に動作しなかったり、最悪の場合、エフェクター側に何らかのダメージが食らって後々高くつく事にもなりかねません。

ちなみに自作のショボい作りのディストーションは動作しましたが歪みの飽和感とノイズが増えてユニークなサウンドになり、ドイツ製の某ハンドメイド系の精巧な作りのエフェクターは一瞬LED点灯したと思ったら内部でショートしてしまいました( ̄▽ ̄;)。

エフェクターに使用するACアダプターを同じボルト数の物で使いまわしする際はご用心いただき、アダプター側のアンペアの数値が過大である場合は使用をお控えください。

 

ギター講座!ギターを手に入れたらまずやること!

今回もギター講座です。

前回はギター選びについて書きましたが今回はギターを手にしたらまずやる事は何ぞや?という事なのですが、

ズバリ、「チューニングの仕方」と「TAB譜&コードダイヤグラムの読み方」を覚える事です。

しかし、弦が1本でも張られていないと「弦を張る」という作業も前もって必要になります。最初は綺麗な形でなくても良いのでとりあえず何が何でも見様見真似で弦を張ってみましょう。ギターによって弦の張り方は異なり、上手に張るには経験と慣れが必要なのですがそのへんはまたの機会ということで…。

チューニングの方法についてはチューナー、音叉、調子笛、他の楽器と合わせる、など昔ながらの方法以外に最近ではスマホアプリ使って合わせるという方法もあり便利な時代になりました。昔はアナログの針見ながら合わせてたのですがなかなかこれが合わせにくかったのを覚えてます。

 

 

 

 

 

 

楽譜の読み方についてはクラシックギターなんかでは最初から5線譜を使うという場面もありますが、ポピュラー音楽やる限りでは6本線のTAB譜(下の画像左)やコード(和音)用ダイヤグラム(下の画像右)使った楽譜のほうが一般的ですのでそちらの読み方さえ覚えればまず困ることはないと思います。

  

 

 

 

 

そこから教則本使って練習するのも良し、好きな楽曲の楽譜買ってきて練習するのも良いでしょう。

教則本を使う場合、ここら辺は最初の章に大抵記載されてると思いますが、これ以降の章は楽曲を練習しながら必要に応じて参考書程度に使えばよいかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

ギター講座!ギターを始めるにあたって…。

2019年卒業シーズン到来です。

学校入学と前後してギター購入を考える人も多いでしょう、という訳で久々にギター講座「ギターを始めるにあたって…」というお題でいってみようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず第一関門!エレキギター、アコースティックギター、クラシックギターのどれから始めればよいかと悩む方が少なくないと聞きます。これに対する答えはズバリ、好きなミュージシャンがどんなギターを使っていて、コピーしたい音楽にはどういうギターが使われてるのかという事です。

次にエレキ、アコギ、クラシックのどれを選択するか決まったとしてもそこからさらに様々なブランド、シェイプ、国籍、カラー、作りやサウンドの異なるギターが存在します。ここらへんはあらかじめ雑誌やインターネットのサイトなんかで情報収集しておくことをオススメします。ただ、最初のギター選びは、まずはスタートラインに立つことが重要なのでさほどシビアになる必要もないですし見た目で選んでもオッケーだと思いますけどネ。どうしても間違いのない選択したいという場合は楽器屋さんや親しい人に尋ねる事です。

エレキギターについてはちゃんと音を出そうとするとアンプとケーブルが要ります。最初から購入しておいた方が良いのは確かですが、経験上、無くても単音弾きや簡単なリフの練習なら可能なのでアンプ購入は後でも構いません。後々にブラッシングやミュートといった奏法が絡んでくる場合はアンプを揃えましょう。

教則本は今や百花繚乱!揃えるならDVD付がやはりオススメです。チューナーも今や1000円以内で買えてしまうなんて…良い時代になったものです。

但し、購入しても1年かそこらで途中で止めてしまう人が多いのもまた確かですのでギター購入前に「これ弾けるようになりたい」でも良いですし「キャーキャー言われたい」「モテたい」「自分を変えたい」でも良いので何らかの目的意識はちゃんと持って挑むようお心得ください。キャーキャー言われるかモテるかは保証できませんけどネ。

文章が長くなりましたので今回はここらへんでお開きとさせていただきます。

この続きはまたいずれ書きたいと思います。

 

nanaコラボアプリ!拍手の数ランキング!

「nana」という音楽SNSアプリを始めて来月で1年が経とうとしています。

 

 

 

 

フォロワー数も拍手の数もまだまだ大したことないですが、これまでアップロードした58曲の中から拍手の数でTOP10をランキングしてみると…、

第1位 「ラブストーリーは突然に」(小田和正)           拍手:235

第2位 U.S.A」(DAPUMP                  拍手:135

第3位 「夏の扉」(松田聖子)                   拍手: 92

第4位 「ルビーの指輪」(寺尾聰)                 拍手: 76

第5位 「異邦人」(Tak Matsumoto featuring Zard 風       拍手: 80

第6位 Calling」(B’z                                                          拍手: 71

第7位 「2億4千万の瞳~エキゾチック・ジャパン」(郷ひろみ)   拍手: 64

第8位 「島唄」(The Boom                    拍手: 51

第9位  「白い恋人達」(桑田佳祐)                 拍手: 47

第10位「LOVE PHANTOM」 (B’z)                                         拍手: 41

という結果でした。

ちなみに歌入りは(もちろん歌ってるのは私ではありません)6位の「Calling」だけであとは伴奏のみとなります。

この順位踏まえた総評をさせていただきますが、1位の「ラブストーリーは突然に」は28年も前の曲なのに未だ根強い人気っぷりで、ダパンプの「U.S.A」は2018年、大ブームだった影響なのかどどどっと一気にコラボと拍手来た印象あります。聖子ちゃんの「夏の扉」は旬の物ですので夏はかなりコラボしていただきましたが、秋以降は「お疲れ様~」状態ですっかり閑古鳥ながらもTOP3で頑張っております。

4位の「ルビーの指輪」、意外にも女性の歌コラボ多かったですネ。

5位の異邦人、nana始めたばかりの頃に作成した音源ですので音悪いながらもたまーにコラボしてくれる方いらっしゃって有難いです。本当は録りなおしたいんですけどネ。

6位のCallingはアップロードしてまだ間もないですが一気に拍手来ました。元々の音源には稲葉さんそっくりの歌が入っておりまして私のアドリブ交じりのギターもドンピシャでなかなかの好評を得ているようです。

7位8位はまぁこんなもんかと。9位の「白い恋人達」はこれも旬の物でクリスマス前にどどっと拍手来ました。

10位の「LOVE PHANTOM」…B’zの歌コラボはキーが高いのでややハードル高いようですがそれでもなかなか健闘してくれました。同じくハードル高いと言われる洋楽の中で、ボン・ジョビの「RUNAWAY」は11位と惜しくもランキング外でしたがなかなかの健闘ぶりかと思います。

ランキング外(12位)の「少女A」…もっと伸びるかと思ったんですけどネ…アテが外れました。

曲選びは毎回悩みの種ですが、自己満足にならないように心がけたいと思います。

これまでアップロードした全58曲は以下のURLより確認できます。これからnana始めてみようという方は参考までにご確認下さい。

https://nana-music.com/users/6349636/

nana楽曲UP主である私はギター講師も兼ねておりますので、nanaの楽曲聴いていいなと思った方はギターレッスンも是非ご検討ください。

 

エレクトーン・ピアノ教室&ギター教室生徒募集のお知らせ!

表題のとおり、エレクトーン・ピアノ教室とギター教室の生徒募集のお知らせです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

詳細は上記画像のとおりで、ピアノ・エレクトーン教室は月2回と月3回のコースがあり、ギター教室は月3回となります。各レッスンの曜日は予め決まっている旨ご了承下さい。

一度無料体験レッスンを受けて頂いたうえでやっていけそうかご判断いただければと思います。

ピアノ・エレクトーン、ギターをこれから始めようとされる方、また長い間楽器を触ってなくてもう一度始めてみようという方、腕前をステップアップさせたいという方は是非ご検討いただければと思います。

ちなみにギター講師は筆者である私が担当させていただいておりまして、腕前が事前に気になる方は、音楽SNSアプリ「nana」で私共が過去にアップロードした※楽曲一覧を参考にしていただければと思います。但し、自身で歌ってしまっている物については無視してください…つい魔が差したもので(汗)。

※楽曲一覧のURLはこちら→http://nana-music.com/users/6349636/

レッスン時間の空き状況などご不明な点がありましたら電話、メールまたはホームページの「お問合せ」ページからお問い合わせください。

 

 

 

 

ページトップ