1. HOME
  2. スタッフブログ
  3. 商品の紹介
  4. 鍵盤楽器

スタッフブログ STAFFBLOG

鍵盤楽器記事一覧

YAMAHAアップライトピアノ「UX」(中古)の紹介!

最近めっきり暑くなり、冷たいビールが美味しい季節となりました。

飲んでるうちは心地よいのですが、結果として体内の水分奪われて夏バテがちになりますので飲んだ後はお水も後でちゃんと補給するようお心掛け下さいネ。

さて、YAMAHA(ヤマハ)のアップライトピアノ「UX」の紹介です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

製造年が1977年~1978年頃の高さ131cmのアップライトピアノです。

「UX」は裏の支柱が交叉しているX支柱を持つ最初のモデルで、経年変化に対する耐久性に優れ、 安定した豊かな響き、輝きのある音色が特徴です。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

またトーンエスケープを採用してますので音がこもらず、演奏者にクリアに音が伝わるようになっ ています。

アップライトピアノ購入ご検討中の方は一度、他のピアノと弾き比べて違いを体感いただければと思います。

価格等、商品詳細については「デジマート」もしくは「中古ピアノ販売.COM」の商品紹介サイト にてご確認下さい。

「ホームページ」からのお問い合わせもお待ちしております。

 

YAMAHA ARIUS(アリウス) YDPシリーズ中古電子ピアノ3種類入荷!

  いよいよ紫陽花の花咲く時期になりました。

楽器業界の人ならば6月と言えば「楽器の日」を思い浮かべるのでしょうが、私のように「本能寺の変」やら「長篠の合戦」やら未だ謎多き歴史的事象を思い出してしまうのはかなりレアでしょうネ…。

さて、最近、ヤマハのアリウスシリーズの中古電子ピアノ、YDP-163、YDP-143、YDP-S52の3種類入荷しましたのでそれぞれの仕様の比較を交えつつ紹介します。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、鍵盤はYDP-163が「GH3鍵盤」、YDP-143 が「GHS鍵盤」、YDP-S52 が「GH鍵盤」となります。

いずれもグレードハンマーシリーズの鍵盤ですがYDP-163のGH3鍵盤が唯一「ダンパーセンサー」搭載しており、音切れすることなく高速の同音連打を可能にしています。

音源、音色、最大同時発音数は全て共通で「RGEスタンダードⅡ音源」「10音色」「192音」となります。

スピーカーの大きさも全て同じですがアンプ出力はYDP-163とYDP-S52 が「20W×2」、YDP-143 が「6W×2」ですのでYDP-143 よりもYDP-163とYDP-S52 の方がサウンドに迫力があります。

椅子についてはYDP-163には「高低椅子」、YDP-143には「固定椅子」が付属し、YDP-S52には椅子は付属しておらず別売となります。

お値段はYDP-163が「¥62,000(税抜)」、YDP-143 が「¥42,000(税抜)」、YDP-S52 が「¥47,000(税抜)」となります。

いずれも2015年以降の商品で、これからピアノを始めてみようという方に安心してお勧めできるラインナップです。

よろしくご検討ください。

                

友だち追加  ⇐ LINEの友だち追加もポチっとよろしくお願いします。

2017年製!YAMAHAクラビノーバ「CLP-545WA」(中古)の紹介!

高年式で綺麗な状態の中古電子ピアノが入荷したので紹介したいと思います。

今回は2017年製のYAMAHAクラビノーバ「CLP-545WA」です。

 

 

 

 

 

 

 

ホワイトアッシュ調が上品で綺麗ですネ。

鍵盤はヤマハ電子ピアノの上位機種に採用される木製鍵盤、「ナチュラルウッドエックス(NWX)鍵盤 象牙調仕上げ エスケープメント付」となります。

ピアノ音源もまた、曲のイメージに合わせて選べる「ヤマハ CFXサンプリング」「ベーゼンドルファー インペリアルサンプリング」という上位機種向けの音源が搭載されています。

音響面については数か所ある音の通り道「トーンエスケープ」でコモリのない響き、「アコースティックオプティマイザー」という技術で自然な聴き心地、「ステレオフォニックオプティマイザー」という技術によってヘッドフォンでも自然な聴き心地を実現しているとの事です。

CLP-535との違いは、①鍵盤の種類、②スピーカーの数、③アンプ出力、④ステレオフォニックオプティマイザーの有無、の4点になり、比較すると鍵盤のタッチ感はあまり変わらないかもしれませんがCLP-545のほうが断然、音の臨場感、力強さが増します。

また、CLP-575との違いは①アンプ出力、②リニアグレードハンマーの有無、③GPレスポンスダンパーペダルの有無、④バーチャル・レゾナンス・モデリング(VRM)の有無、の4点になり、鍵盤&ペダルのタッチ、音の共鳴、臨場感、力強さはCLP-545よりも格上となりますが、価格帯を考えれば仕方のないところですかネ。

ちょうど今のところCLP-535とCLP-575も店頭にありますので一度実際に試奏していただき、どう違うのか体感いただくのが良いかと思います。

価格等、その他詳細については「デジマート」もしくは「中古ピアノ販売.com」でご確認ください。

まだ高年式で綺麗なので価格的には非常にお買得かと思います。

「ホームページ」からのお問い合わせもお待ちしています。

 

 

2012年製!YAMAHAクラビノーバ「CLP-440C」(中古)の紹介!

2012年製のヤマハクラビノーバ「CLP-440C」が最近また入荷しましたので紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

 

仕様については過去にも紹介したと思いますが、以前にも見たなと思う方はここらへんはさらり と流してください。

鍵盤はお馴染みのグレードハンマー3(GH3)鍵盤象牙調仕上げで同社の木製鍵盤の物と遜色ない グランドピアノらしい弾き心地と連打性が特徴です。

音源はRGE(リアル・グランド・エクスプレッション)音源で、今やRGE音源はRGEⅢへと進化し、より微細なニュアンスの表現が可能になっていますが、タッチの強弱による音色変化はシームレスに実現されており、音響面もヤマハならではのリアルな響きが実現されているので不自然さを感じることはないと思います。

録音機能は本体に演奏データ保存する場合はMIDI形式、USBメモリに保存する場合はWAV形式、という二通りの使い分けが可能です。

また、音楽データはヤマハのWebサイト「ヤマハミュージックデータショップ」からダウンロード可能で、自分の好きな曲データをダウンロードして再生したり練習用として活用できれば一層ピアノを弾く事が楽しくなるはずです。

ちなみにこの中古のCLP-440Cは、操作パネル、鍵盤の接点ゴム、フェルトを新品に交換してありますので外観は非常に綺麗で鍵盤のタッチも良好です。

価格等については「デジマート」もしくは「中古ピアノ販売.COM」の商品紹介サイトにてご確認ください。

「ホームページ」からのお問い合わせもお待ちしております。

 

2014年製!YAMAHAクラビノーバ「CLP-535B」(中古)の紹介!

2014年製電子ピアノ!YAMAHAクラビノーバ「CLP-535B」(中古)の紹介です。

 

 

 

 

 

 

 

まず、ピアノ音源は「ヤマハ CFXサンプリング」「ベーゼンドルファーインペリアルサンプリング」
という上位機種向けの2つのコンサートグランドピアノの音源が採用されています。

鍵盤はリアルなグランドピアノタッチで定評のあるグレードハンマー3エックス(GH3X)鍵盤象牙調
仕上げエスケープメント付で、連打性と手触りの良さも兼ね備え、また最大同時発音数も256音とな
っていますので上級者のハイレベルな演奏もカバーしてくれます。

機能面について、まず「インテリジェント・アコースティック・コントロール(IAC)」という小さ
い音量でもバランスの取れた音で演奏できる機能があり、こういう機能があるのとないのとでは練習
の身の入り方が違うと思います。他の電子楽器でもそうですがショボい音だとやる気出ませんよネ。

録音機能は本体録音(MIDIファイル形式)とUSBオーディオレコーダー(WAV形式)が選択可能で
目的に応じて使い分けると良いですネ。

また、iPhone/iPod touch/iPad対応のアプリが存在し、それらを活用すればレッスンも捗りますし
一層楽器に触れることの楽しさも広がるはずです。
具体的なアプリの種類や内容については以下のURLをご参照ください。
https://jp.yamaha.com/products/musical_instruments/pianos/apps/

価格等、商品詳細につきましては「デジマート」もしくは「中古ピアノ販売.com」の商品サイト
てご確認ください。

「ホームページ」からのお問い合わせもお待ちしています。

ページトップ