1. HOME
  2. スタッフブログ
  3. 新着情報

スタッフブログ STAFFBLOG

新着情報記事一覧

nanaアプリ始めました!

巷では「nana」というスマートフォン用アプリが密かに流行ってるようなのですがご存知ですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは一般の方でも気軽に歌や演奏を録音・投稿したり他人の演奏と自由にコラボ出来るSNS系アプリなのです。

但し録音時間は90秒という縛りはありますけどネ。まぁだいたい歌物なら1コーラスこのぐらいに収まるだろうという事のようです。

一般の方にも門戸を開いたという事と他人とコラボ出来るという機能が非常に良いですネ。

で、きれいに録音するのに必要な機材としてWEB上ではオーディオインターフェースがよく紹介されてますが、厄介なことにiPHONE7にはマイク端子がないのでオーディオインターフェースかますのは不可能。なのでiPHONE7お持ちの方はiPHONE本体のお尻をアンプやスピーカーに向けて録るというアナログな録音方法しかできません。

ちなみに私は最初、何度かiPHONE本体の頭の方をアンプのスピーカーに向けるというボケをかましてしまってました…どうりでピッキングノイズ大きめだった訳です(汗)。

録音の際に注意すべきなのは、コラボで録音する際にはヘッドフォンはあったほうが良いです。

ヘッドフォン無しで録音してしまうと、スマホのスピーカーから出る元の音源も一緒にダブって入ってしまうので全体的に音が変わってしまいます。個人的に音重ねるとなんで音変わってしまうのかしばらく不思議で仕方なかったのですが1日考えてようやく謎が解けました。

録音時間についてですが、たかが90秒されど90秒です。1コーラスぐらい数回録ればノーミスで行ける!と思ってたのですが、ダメでした。できればDTMレコーダー並みにパンチイン・パンチアウト機能欲しいところです。

音源の投稿についてはあらかじめWAVファイル形式で作成しておいた音源をパソコン上からもアップロード可能です。ドラムや細かなシンセの打込み音をアップロードするにはパソコン上からの方が良いと思います。

試行錯誤重ねてようやく昭和の名曲「異邦人」という曲のカヴァーだけアップロードできましたので興味あれば以下のURLよりご試聴下さい。拍手もいただければ幸いです。

https://nana-music.com/sounds/03699206/

録音してみてここなんとかならないかなと思う事もありまして、前述したパンチイン・パンチアウト機能以外には定位の調整なんかも出来れば多重コラボの際、楽器同士の分離感が出てゴチャゴチャなアンサンブルになるのを解消できるかなと思います。

とはいえ一般の方でもとっつきやすいアプリだと思いますので今後このアプリ使って音源アップロードしたりコラボに参加したりという事をやっていこうと思いますのでよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

YAMAHAエレクトーン ステージアスタンダード 「ELS-02」(中古)の紹介!

2014年製のヤマハエレクトーン、ステージアスタンダード「ELS-02」(中古)が入荷しました!

 

 

 

 

 

 

 

スーパーアーティキュレーションボイスなどを搭載し多彩な音色や音楽が楽しめるヤマハエレクトーンの現行型定番モデルです。

カスタムとの違いはVA音源の有無、2ndエクスプレッションペダルの有無、鍵盤の種類、アンプ出力、スピーカーの数等ですが、表現力に物足りなさを感じたなら後付けでカスタムにバージョンアップも可能ですので、まずはスタンダードをご検討されるのも良いかと思います。

中古品ですがもちろん安心してご利用いただけるよう、必要に応じて常駐の技術者がパーツ交換等、修理・メンテナンスを行っており、清掃も念入りに行っております。

ホームページからのお問い合わせもお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜の看板

 

10/4にオープンして4日経ちました。毎日があっと言う間に過ぎていきます。
店長の南です。

今日はリフレッシュオープンした際に取り付けた看板のご紹介をいたします。

お昼は窓の中の画像が光の反射で綺麗に見えませんが、夜はかっこよく見えます。
難波にお越しの際はいつでもお立ち寄りください。

生ピアノは高価なイメージがありますが、20万切っての商品もあります。
それでいて、ぴっかぴかです。ピアノの購入をお考えの方は是非一度ご来店ください。
スタッフ一同お待ちしています。

サイトリニューアルを行いました

サイトをリニューアルいたしました。

ブログを追加いたしました

ブログを追加いたしました。今後はこちらで新品・中古の楽器情報を配信していきます。

今後ともよろしくお願いいたします。

ページトップ